HOME»保険の選び方 » がん保険は必要か?

がん保険は必要か?検討してみましょう

人の死因でもっとも多いのは「ガン」だということをご存知ですか?
死因全体の15パーセントはガンだといわれています。
ガンと病気には年齢は関係ありません。
若い人もガンにかかる人は多く、若い人ほど進行も早く悪化しやいのです。
昔は、ガンは不治の病と言われていましたが、最近では医学の進歩により早期発見であれば傷浅くして完治することが可能になりました。
もしガンにかかった時のことを考えても早期発見が一番大切です。
定期的にガン検診を行い自分の身体は自分で守る必要があります。
誰しもいつ病気になるかわからないのでもしもの時の備えはとっても大切ですね。
その為に保険というものが存在します。
保険といっても種類はたくさんあります。
学資保険、火災保険、生命保険、病気の備えには生命保険に加入しておく必要があります。
生命保険の医療保検は、病気になった場合は手術費用や入院一時金が保障されます。
医療保検はどの病気にも対応しています。
では最近よく耳にするガン保険。こちらは必要ないのでしょうか?
医療保険ではもちろんガンになった際の治療費の保険金は支払われます。
しかし、ガンは場合によっては治療が長引く場合があるので、保障の内容によっては保険金だけでは、治療費を補えない場合があります。
そういう場合に備えてガン保険というものが存在します。
医療保検にプラスして加入しておくことはとても良いことだと思います。
しかし、ガン保険をプラスした分当然ながら毎月の保険料は上がります。
いつおこるかわかない病気の為に月々苦しい生活をするのは正直大変だなと感じる部分はあります。
ですからガン保険は月々の生活費に余裕がある方が加入すべきではないのかなと思います。
また、ガン保険のみの加入という方法もあります。
ガン保険のみであれば、保険料をお安くはできます。
ガンは遺伝でかかる病気ともいわれています。
かかりやすい家系とそうではない家系があるそうです。
全てが遺伝というわけではありませんが可能性という面をおいても家系にガンで亡くなった方もしくはガン治療を経験している方がいらっしゃる場合は、ガン保険に加入しておいてもいいのではないでしょうか。
ガン保険は必要ないのではないかと感じる人もいらっしゃると思いますが、
ガン保険の必要性は人により違ってきます。
自分が必要と感じる保険に加入しておくべきだと思います。
医療保険、ガン保険はきっと病気に対してみなさんのお守り変わりになるでしょう。

がん保険は必要か?これは難しい問題です。

がん保険は必要か?これは難しい問題です。
自分が確実にがん家系なら、加入しておいて損はないでしょう。
ただ、ガンになったときの何が心配か、それが保険の目的になります。
例えば胃ガンになったので、入院した。
2週間で腹腔鏡手術の一回で済んだ。
費用は自腹分が2万円だった…そんな話がよくあります。
なんでそんなに安いの?これは健康保険での「高額療養費制度」のおかげ。
いくら高い治療費でも、所得による支払い限度額が毎月いくらまで、と決まっているからです。
それなら保険に入る事はないんじゃないの?そういう見方もあるでしょう。
ですが、ガンと診断されたら100万円おりて来る、ここにどうしても魅力を感じる人が多いのも事実。
100万でも200万でも構いませんが、要はガンになったあと、人間はそれだけ「体の変化を感じることになる」ということ。
そして5年以内の再発の可能性がない、とはいえないということ。
こればかりはお金を積まれても、どうにもならないのです。
ですから、この100万、200万はガンになった代償として、なにかに使うというのが患者の本心です。
また、白血病のように血液のガンに転移する場合は、それこそがん保険に加入していないと、大変な金額がかかる可能性があります。
保険の利かない抗生物質やガンの種類によっては重粒子線治療という放射状に主要部分を狙い撃ちする医療機器を使う事もあります。
これはまったくの自由診療ですから、数十万円の自己負担は当然かかります。
大事な事は、ガンになった場合どの範囲の金額まで治癒への挑戦をするか、ということです。
全てを保険で賄う事は無理ですし、治るかどうかもわかりません。
がんは誰もがかかる可能性がありますが、がん以外にも脳卒中や急性心筋梗塞なども疾病の確率が高いものです。
大事な事はまず、健康保険にしっかり加入している事。
次に自分が納得できる医療保険に加入しているか、十分な貯蓄があること。
そして最後にガン保険に加入することです。
ガン保険には加入していたけれど、妊娠時の切迫流産で長期3ヶ月も入院せざるを得なかった場合、ガン保険はなんの役にも立ちません。
また、がん保険は終身で払い続けないと意味がないのです。
10年ものの定期保険にしているケースがかなりありますが、これでは10年経つと、急に値上がりしてしまいます。
こういうことも知ったうえで終身を一本持っているだけで、大抵のことは事足ります。
むやみに加入しても、無駄になるばかりなのもガン保険です。

HOME»保険の選び方 » がん保険は必要か?


«
«