保険の窓口の無料相談の予約はどんな感じだった?
使い易いって思いましたか?

保険の窓口の無料相談の予約は非常に使いやすくてスムーズです。

保険の窓口の無料相談の予約は保険の窓口の全国300店舗近くある店舗から
自分が住んでいるところに一番近い店舗を選び、その店舗に予約を行います。
下の例は東京都の場合の店舗数です(※2012年現在)

下の図みたいに飛行機の日程表のような形に作ってあるのでこちらから予約を行います。
保険の窓口では、webからの予約が推奨されていますので、web予約を行いましょう。
図の例で言うと、×がついている日は不可能、△は返信連絡時にお伝え、○がOKです。

ここでのポイントなのですが、保険の窓口で予約を取る際は△は避けて
○の日を選ぶのがベストです!なぜなら、人が多い日は十分に時間を使って
相談を受けれない可能性があるからです。
簡単に言うと、暇な日を狙って行くのがベストです。勿論、土日しか外出できないという人は
仕方が無いと思いますが、これが良い保険相談を受ける為の一つのコツです。

保険の窓口はどういった時に使うんだろう?と疑問に思っている人も居るかもしれません。
そういう方にお伝えしたいのは、保険についての見直しでも新規契約でも、
保険に関してのアドバイスをもらいたい時に気軽にいつでも使って良いのです。
どれだけ相談しても無料ですし、買い物のついでに、今の保険にムダが無いか確認してみる。
そんな使い方だってOKですよ!無料相談で毎月の家計に少しでもゆとりが出るのなら
行って見る価値アリ!って思い、私は使ってみる事にしたのです。

 

保険の窓口で実際に面談!
保険の窓口の店舗へ行ってきましたよ!

保険の窓口の相談カウンターは綺麗で銀行みたいな雰囲気

実際に保険の窓口のカウンターへ無料相談に行ってきました。
もう少し、不動産カウンターみたいなごちゃごちゃした感じを
想像していたんですが、行ってみてびっくり!銀行みたいな清潔感!
対応も本当に『お客様』風な接客で気持ちが良いです。
だからと言って、緊張しすぎる感じでもなく、これなら
買い物帰りとかに気軽に寄れるな~って思いました。

全国に沢山の店舗がありますが、内装の基調などはどの店舗も同じみたいです。
スタッフさんに伺うと、お客さんがいつでも気軽に寄れるようにというポイントを非常に重視していて
それが本当に現れているな~って思いました。
保険の窓口さんは訪問相談も行っていますが、断然、来店相談の方が良いなって思いました。
育児中とか、家から出れない事情がある人は別として、来店の方が楽しいですよ。
家に来られるのって何だかプレッシャーになりますしね。
保険の窓口の店舗、すごくカジュアルで入りやすい、対応も丁寧。この点はOKでしょう!

保険の窓口で意外だったのはスタッフの年齢層。
こういったジャンルの相談だから、もっと年をいった人が多いのかと思っていたんだけど、
フレッシュな感じですね。押し売りな雰囲気とかも無いし、あんまり目上の人すぎるのも
言いたい事を言いにくかったりするからこれぐらいが丁度良いですね。

保険の窓口で実際に保険の相談を体験!
相談の中身はどういったものなのか?見直しで得した?

保険の窓口で保険の無料相談を体験した!内容はどう?

保険の窓口で保険の無料相談を実際に体験した。内容はどんなものだったのか?
まず、保険の見直しだったので、現在加入している保険の保険証券をまとめて、
それらを持参した上での来店となった。実際に保険料は安くなるのか?
半信半疑な部分がほとんどだったが、まぁ、行ってみて少しでも安くなるならって気持ちだった。
結婚直後のバタバタした時期に加入していたので、もしかしたら不備があるかもしれない。
そんな可能性から保険の面談を決めたのだ。
保険料の払いすぎというものは完全に家計の敵であるからして、そこは考えたい。

カウンターで対応してくれた担当の人は女性の方。しかも結構若い。30代前半だろうか。
自分よりも若い人に頼むのは本当に大丈夫かな(失礼)と思いながらも
保険の相談は始まった。
まずはこちらが持参した、保険証券をチェックしてもらった。
待っていた時間はそう長くはなかったですね。
保険の窓口へ行く前に加入していた保険は私自身の生命保険、がん保険、
妻の医療保険、がん保険、子供の学資保険などでした。支払っていた金額が
だいたい18000円ぐらいでしたね。非常に家計を圧迫していました。
これを変えれるものならという気持ちになり、相談したので、安くなるならば是非とも
お願いしたいところである。

生命保険の保険料の払いすぎに一番ムダがあったようだ。

保険の窓口で一番に指摘され改善された点。それは生命保険の保障方法。
私が今まで加入していた保険は私がいつ死んでも妻に3000万円入るという形式の物。
これをいわゆる四角な保障保険と言われるもので、ロスというべき事象が発生する。
それは30歳で私が死ねば子供の養育費など先が長く、3000万円という金額は妥当だろう。
しかし、59歳で死んでも同じく3000万円が支給されるという事でもあるのだが、
この時点では、これからお金がかかる時期ではないので、3000万円も必要は無いのだ。
確かに、お金が多い事に越した事はなく、子供への遺産にしてもいいじゃないかって
思えるんだけども、あまり有効な保障とはいえない。
これを三角の保険に変えたのだ。どういうものかというと、私がいつ死んでも
毎月15万円をもらえるという保障に変えたのだ。これによって保険料が半分以下に!
こちらの方が合理的である。さすが、保険の窓口。
生命保険とは、私にもしもの事があった場合でも家族が成り立ってゆけるという性質の保険。
それならば、月払いの給料保証のような形の方が安定している。いつ死んでも定額だから。
しかし、そうだと言っても保障の金額は変わらない。30歳で死んだ時の保証金額は
同じく3000万円だ。59歳で死んだらそれは当然月額だから安いが、
その時には多額に必要になるお金など必要ないのだから。
これによって我が家の家計は随分と楽になりそうだ。

他に問題があった保険契約は先進医療での払いすぎ

保険の窓口のスタッフさんに指摘されたもう一つの点、それは先進医療保険。
他にムダが発生していたものでまずは医療保険。テレビCMでもよく言われている先進医療。
これに関してのムダが多かった。妻と私で合わせて2000円の上積みを払ってまで
保障をつけていたが、先進医療保険というものがクセモノで、全く意味が無い。
例えば私が大病をして先進医療を受けるとする。その場合は勿論、先進医療の保険が
適用されるのだけれども、ご存知の通り、先進医療というものは信じられないぐらいの額がかかる。
例えば治療費が4000万円かかると保険適用が2000万円。といった保障ケースがほとんど。
んじゃ、あとの2000万円どうするの?って、、、盲点ですよ。先進医療保険。
保険の窓口のスタッフさんに指摘されるまで全く気付きませんでしたよ・・・。
お金持ちの方ならまだわかりますが、そんなお金はうちにはありません。
人の親となった私ですが、子供に借金背負わせてまで助かるパーセンテージを上げたいとは
毛頭思わないですね。それよりは病気の予防に努めておいた方が良いと思います。
浮いたお金で健康的な食事や運動をした方がよっぽど有意義です。

 

保険の窓口を利用してみた感想はどうだった?
保険の見直しをしてみる意味はあったと思いますか?

保険の窓口の保険見直しで月に5000円も浮いた!OK!

保険の窓口の保険の見直しを行った事で月に5000円もの出費を減らすことができた。
しかも、保障の手厚さは全く変わらずに節約ができたのだから妻も大喜びでした。
年間で6万円もの差がでますからね。家族旅行が一回できますよ!いや、節約旅行なら二回だ♪
結婚を機会に”とりあえず入らなきゃいけない”って思って入った保険だったけども、
保険の窓口で思った事は”保険選びは知識が無いと損をする”という事ですね。
今までは、テレビCMとかを見てテキトーに選んでたから、損をして当然だったんです。
今となっては勿体無い事をしてたなって思いますけど、仕方が無いです。
少しでも節約とか、少しでも良い保険を選びたいと考える人にとって
保険の窓口は大きな見方となる事でしょう。おすすめできます!

※窓口スタッフは押し売りとか無かった?

始めて保険の窓口を利用する人はこの点を気にする人が多いようですが、
押し売りのような流れは全くありませんでしたね。
現在の保険契約にムダが無いか?調査に徹底してくれていました。
契約の見直しなどの場合は特に、既に加入している訳ですから、
無理に商品を勧めるという事も不可能でしょうし、行わないと思います。
特に保険の窓口などは全国展開企業ですので、悪評などはあっと言う間に広がります。
押し売りや顧客サービスの尊守は窓口スタッフに徹底されています。
押し売りが心配で保険の窓口に行けない。
っていう人は心配は全く無用だと思います。

2011-2013 ©保険の窓口【評判|口コミ】 All Rights Reserved