HOME»保険全般の知識 » 労災保険相談ダイヤルとは?

労災保険相談ダイヤルとは?解説致します!

仕事やバイト中にケガをしたり、仕事が原因で病気になったりした時、どこに相談をすれば良いかご存知ですか?
このような状況の場合には、労災保険の対象になる可能性があります。
労災保険とは、労働者災害補償保険法に基づいた制度の保険のことをいいます。
就業中にケガをしたり、仕事が原因で病気になったり、最悪の場合には死亡した時に、この制度に基づいて補償が行われます。
最近、ニュースで記憶に新しいのが、アスベスト(石綿)による従事者の健康被害や印刷会社における胆管がんの被害などのように、仕事をしながらにして健康被害を受けていた場合にも、労災保険が適用されます。
では、いざ自分がそのような状況になった場合、どこに相談すれば良いのでしょう。
労災保険について管理を行っている、厚生労働省の労働基準局労災補償部では、労災保険相談ダイヤルを設置しました。
労災保険相談ダイヤルとは、いざというときに、どのような手続きを取れば良いか、こんな場合も労災は適用されるのか、などの相談ができるようになっています。
労災保険相談ダイヤルは、ナビダイヤルの0570-006031で、「0570-00ろうさい」と覚えると良いでしょう。
受付時間は、平日の月曜日から金曜日の9時から17時で、土日祝日はお休みです。
ナビダイヤルなので、一定の通話料がかかるので注意しましょう。
一般的なケガや病気以外にも、うつ病や過労死といったものについても相談ができます。
また、労災保険についての素朴な疑問、労災年金に関しての質問や手続きの仕方についても、気軽に相談できるようになっています。
もちろん、事業所の責任者の人も、労災のことについての疑問や、自分では判断できない状況についても相談できます。
労災については、就業場所の責任者と相談することが一番ですが、口論になったり、和解できなかったり、うまく話し合いができない場合もあります。
もし、トラブルになるのが怖かったり、いきなり相談するのに躊躇してしまうという人にとっては、法に守られた労災保険について遠慮なく安心できる相談窓口です。
また、既に責任者に相談をしているが、話に応じてくれないという場合にも助けになる番号ですので、自分の身を守るためにも活用しましょう。
一番は、労災にお世話にならないように、安全に仕事に就くことが一番ですが、予期せぬトラブルに遭ってしまった場合には、強い味方になってくれるでしょう。

HOME»保険全般の知識 » 労災保険相談ダイヤルとは?


«
«