HOME»学資保険 » 学資保険どこがいい?2014年度版のポイント

学資保険どこがいい?2014年度版のポイント

学資保険を申し込む人にとって最も難しい問題。それはこうだと思います。各社何が違うの?どのポイントで比較したら良いの?ここでしょう。
初めて貯蓄型の保険を加入する人にとって難しいポイント。

自分で貯金するより得なポイントってなに?

こんなざっくりした感じでしょう。シンプルに回答すると、保険支払い義務者が死んだ場合の特約やその他の特約をつけると、支払額よりも安くなるパターンがあります。お子さんの傷害保険などが付帯しているパターンですね。

当サイトがオススメするのは圧倒的に貯蓄と返戻率に特化した保険商品です。これはどういったものかと言いますと、とにかく支払った額よりも多い額を貰うという事のみにシフトした学資保険です。

貯蓄よりも優れている学資保険は返戻率にこだわったものにすべきでしょう。例えば返戻率108%という学資保険ならば300万円積み立てると324万円になって返ってくるのです。
この返戻率、各社条件によって細かく違いますから、一般の方が平たく比較するのも非常に難しいという難点もあります。

しかし良い方法が。学資保険専門の保険相談を使うのです!保険のビュッフェが頼りになります。

学資保険2014年度のトレンド

今現在、2014年度のトレンドは学資保険専門のファイナンシャルプランナー(保険のプロ)に無料で相談を受けれるというもの。

学資保険においては他の保険と同じく保険相談のファイナンシャルプランナーよりも、学資保険専門の無料相談が確実に向いています。

学資保険専門の無料相談サービスは他にほとんど存在していませんから、保険の難しい事はわからない、専門家の意見を聞きたいという場合最適なサービスですね。

手順としましては
1.ウェブで必要事項を記入、連絡を待つ
2・面談の日程を決める
3.面談、プランを練ってもらう
4.相談後、保険に契約するのは自由

流れも簡単でシンプルです。自宅相談が難しい場合は近所のファミレスやカフェなどでも可能です。

保険のビュッフェ学資保険無料相談(※クリック)

HOME»学資保険 » 学資保険どこがいい?2014年度版のポイント


«