HOME»学資保険 » 学資保険の比較ポイント

学資保険を比較するポイントや方法を教えます。

子供には十分な教育を受けさせたい-お子さまをお持ちのお父さまお母さまは皆さんそうお考えのことと思います。
しかし、昨今の不況に加えて年々増加する教育費。
公立か私立か、どの分野に進むのかによっても違いますが、大学だけでいえば、公立で平均約560万円、私立で平均約790万円もの学資が必要になります。
最近では中学受験、あるいは小学校から私立という場合もありますし、それらのための塾通いなども考え出すと…キリがありません。
お子さまが生まれた時から頭の痛いことと思います。
学資保険を選ぶポイントは、まず目的をはっきりさせることが大切です。
長い場合で18年間、お子さまのために準備する保険なのですから、確実なものを選びたいものです。
学資保険には、大別するとお子さまの医療などの保障がついているタイプと、教育資金の貯蓄に重点を置いているタイプがあります。
このどちらのタイプにするかを比較検討する必要があります。
まず保障重視型の保険についてですが、教育資金の貯蓄とお子さまの医療保障がセットになっていて、万一のお子さまの入院の際に1日につき3000円受け取れますといったようなものです。
ただ、保障がついている分、満期の際の返戻率は掛け金よりも少ない、いわゆる元本割れになってしまいます。
学資を積み立てているのに減ってしまっては困りますよね。
子供の医療については自治体によっては医療費助成制度があるところもあり、共済のような保険料の安いものもあることから、
必ずしも学資保険に含まれていなくてもカバーできると言えるかも知れません。

学資保険がそもそも必要なのかどうか考える

果たしてその保険料によって得られる補償は元本を減らしてまで必要なものなのか、比較検討したほうがよいでしょう。
対して、貯蓄重視型の学資保険であれば、医療保障はありませんが、支払った保険料はそのまま学資として貯蓄できます。
満期のときには返戻率約100%を越えるので、資金を増やすことができます。
お子さまの教育はもとより、ご家族の生活を支えている保護者の方にもしものことがあったとき、その時点から保険料の支払いは免除され、
かつ満期になれば予定通りの金額を受け取ることができます。
この点が、単なる貯蓄と大きく異なる点です。
学資保険は、プランの内容や契約の時期、短期間で中途解約などによっては満期保険金や祝金の総額が支払った保険料の総額よりも下回る場合があるので注意が必要ですが、
タイプによっては、親の死亡の際の保障がしっかりしているものもあるので、単に積立目的だというわけではありません。
賢く比較して選べばお子さんの将来を力強くサポートしてくれるのです。

HOME»学資保険 » 学資保険の比較ポイント


«
«