HOME»保険無料相談のコツ » 自動車保険の節約

自動車保険の節約は現代人に必要不可欠

最近の不況の中では、自動車を維持するにも節約は避けられない状況にあり、場合によっては自動車の所有を手放す人さえいます。
しかし、自動車がないとどこにも出かけられない、仕事に行けないといった人にとっては、ガソリン代や維持費を切り詰めていくしかありません。
そういった中で、一番、今注目されているのは「自動車保険」での節約ではないでしょうか。
しかし、自動車保険の保険料だけを見て切り詰めてしまった時、せっかく加入している保険がいざというときに役に立たないのでは、意味がありません。
自動車保険を見直して相談したい!という人は、まず保険に入る目的から考えてみるようにしましょう。
自動車保険は、生命保険や損害保険と同じように、万が一のアクシデントに備えるためのものですので、保険料の節約を考える前に、自動車保険の補償内容が十分なものかどうかを確認しておく必要があります。
では、自動車保険の相談するポイントとして、その保障内容にはどのようなものがあるのでしょうか?まずは、自動車保険の最も大切なポイントとして、事故を起こした時の相手方に対する賠償についてチェックします。
相手のケガを補償する「対人賠償」、ガードレールや電柱などの物の損害を補償する「対物賠償」については、最大限の保障である「無制限」を選択しておきましょう。
これらの上限金額を制限してしまうと、損害賠償請求額が億単位になった場合に、保険でまかなえる金額が足りず、対処できなくなってしまいます。
保険会社もサービスできる範囲外のことについては示談交渉してくれませんので、特に注意が必要です。

自動車保険で注意しておくポイント

次に必要な相談のポイントは、自分自身のケガについての補償です。
これもやはり、下手に保障内容を制限してしまうと、本当に事故に遭ったときにたいへん苦労します。
自動車による事故でケガをすると、場合によっては働けないこともあり、予想以上に費用がかかります。
人身傷害補償は治療費が実費で補償されますので、できれば外したくないところです。
自動車保険を節約するには、運転する人を確認することです。
もし、その自動車を運転する人が特定の人に決まっているならば、運転する人の範囲を限定することで、保険料を安く抑えることができます。
また、車の使用条件として、マイカーを通勤や通学には使用せず、週末に遠出をする時や近所に行く時にしか使わない場合には、車の使用目的と年間予想走行距離などによって保険料が変わることがあります。
これらのポイントを踏まえた上で、複数の自動車保険を比較して検討しましょう。
相談をする時は、特定の会社に限らず、いくつかの会社を平等に比較できる相談所に行くか、資料請求をする方が良いでしょう。
絶対に、保険料だけを比べて保険会社を選択してはいけません。
自動車保険の内容は、会社によって少しずつ差があります。
きちんと検討、相談をおこなって、自分にあう自動車保険を見つけましょう!

HOME»保険無料相談のコツ » 自動車保険の節約


«
«