HOME»保険の選び方 » mdrt保険相談、紹介なら保険プレミアム

mdrtの紹介、保険相談なら保険プレミアム

生命保険に加入する場合、どんな手段を選びますか?知り合いの保険屋さん、ショッピングモールで開業している保険ショップ、あるいはネット生保…実は生命保険業界は激震に次ぐ激震の時代、といわれています。

まず、生命保険に加入する人が激減してきていることが挙げられます。そもそも生命保険の必要性が薄い、年金世代が社会の半分に近づいてきたこと、これは今後保険に加入するよりも保険金を受け取る人のほうが多いことが想定されるのです。

こうなると、生命保険は商品として今後とも永久に販売され続けるでしょうか?答えはノーといわざるを得ません。その証拠に、一時アメリカやヨーロッパの生命保険会社が日本に相次いで進出してきましたが、現在はどんどん引き上げているか、あるいは一部の会社に吸収されつつあります。

あれだけテレビコマーシャルで有名だったアリコ生命でさえ、とうとう他社に吸収されてしまいました。そして、最近では生命保険会社がネット生命を新たにつくるなど、様々な生き残り策に転じています。おそらく今後は生命保険会社の数は集約されていくことになるでしょう。あるいは、海外へ進出するなど、日本以外で営業をして行くことになるかもしれません。

保険プレミアムは、いわゆる保険代理店です。実は、一時ネットによる無料相談が非常に増え、それと同時に「無料とは言いながら、その営業手法は?」と金融庁から問題視されました。そのため、現在では大っぴらに無料相談を行うということが自粛され始めています。

そのかわり、登場したのが、保険プレミアムのような「完全紹介型」のサービスサイトです。MDRTという4文字がありますが、これはミリオンダラーラウンドテーブル、つまり年間の保険料収入(手数料収入)が100万ドルを突破した実力のある保険セールス担当者が登録できる組織です。

こうした保険営業マンは、一社に留まらず独立して保険を営業するケースが増えて行きます。ですが、彼らにとってもやはり保険加入できる顧客層が減っているのには危機感があり、保険プレミアムに登録をしているのです。保険プレミアムにクリックして、保険の相談をしたい…と考えた人のところに、この登録された保険営業マン(MDRTFP)がコンタクトします。

顧客の住所にマッチするMDRTFPが、無作為に選ばれ、MDRTFPと顧客が出会うことで、まずは保険の営業が始まります。要は、新しい保険営業の形のひとつ、と考えてよいでしょう。

MDRTに相談できる保険プレミアムはコチラ

MDRTを上手に使うには保険プレミアムが得策

保険プレミアムというサイトをご存知でしょうか?保険の無料相談、見直しを目的とした保険営業専門サイトです。ここには保険の種類や商品名は一切記載されていません。それに、MDRTの保険FP(ファイナンシャルプランナー)と呼ばれる人たちの顔写真もプロフィールも一切ないのです。

生命保険は月々数万円支払い続ける商品。ですが、その内容は素人にはなかなか理解できるものではありません。実はプロでさえ、こうした商品を全て理解できることなどあり得ないのです。ちなみにネット証券を別として、生命保険会社が扱う商品は、一人の外交員が20種類程度。子供の保険、女性の保険、医療保険、死亡保険、そしてこれらの複合型です。

その他には、会社経営者用の保険や、社員の退職金のための積立保険もありますし、年金保険や介護保険といった目的が決まっているものもあります。中には変額保険という、積立の金額が将来不確定なものやドル建て保険といった「円ではなくドルで受け取る」商品すらあります。

こうした保険全てに精通することは可能でしょうか?それも、一社だけではなく十数社の保険会社の商品を全て理解している外交員はいるのでしょうか?答えはノーでしょう。では、こうした保険相談のMDRTFPはどういう基準でお客さんに保険を売るのでしょうか?

その前に、この保険相談がどういうシステムかをご紹介しましょう。彼らは保険会社の外交員として優秀な成績を収めた人たちによって登録されています。保険相談をしたい方は「現在の保険がどうも気になる」人ばかりです。例えば、保険料が高いのでは…、死亡保障の保険金額が多すぎるのでは、あるいは少なすぎるのでは…、また続けようと思っていた生命保険の保険料がいきなり値上がりするので、困ってしまって…という人が多いのです。

つまり、お客さんの多くは「既に保険に加入している人」なのです。MDRTFPも、こうした保険加入者に現在の保険商品の再確認をしてもらい、自分の家族構成や収入、将来の年金額などを算出して、合理的な生命保険を提案していきます。

こうなれば、大概はFPの勧める保険に加入し、現在の保険を解約してしまうことが多いわけです。ところが、中には保険に加入できない病気の方、あるいは続けたほうが良い場合もあります。ですが、実際にはこれをきっかけに保険を見直す人が非常に増えます。こうしたシステムが、保険プレミアムというサイトをきっかけとした保険営業なのです。

MDRTに相談できる保険プレミアムはコチラ

HOME»保険の選び方 » mdrt保険相談、紹介なら保険プレミアム


«
«