HOME»保険の選び方 » 保険契約の状況を整理すれば保険料節約の道が見えてくる

自分達の周りの保険契約の状況を一度整理しよう

賢い保険選びが出来る人は身の回りの整理が出来ている、とよく言われます。どういうことかというと、
保険選びで一番多い失敗は、「契約プラン間違い」です。間違い、というと御幣があるかもしれませんが、ようは加入した保険の契約内容が、契約後になって「こんなプランにしなくてもよかった」という内容のものになっていたというものです。
この失敗が起こる原因の多くは、加入者が自分を取り巻く環境について、正確に把握できていないからだと言われています。ですので逆に出来ている人は、保険選びも賢くできる、という冒頭の言葉に繋がるのですね。
では身の回りの環境について正確に把握する、ということをするためには具体的にどんなことを考える必要があるのでしょうか?
これは何も事細かに身辺整理しなければならない、ということではありません。むしろこの部分は大ざっぱでも構わないのですが、重要なのは自分が今どういったライフステージにいて、そのライフステージは数年後大きく変化する予定があるのかを理解しているかどうかなのです。
例えば子供もいないのに学資保険のことを考える人はいないですよね?それと一緒で自分の現在のライフステージに合わせて、必要な保険・必要なプランを選べる人が賢い保険選びをしているということになります。

ライフステージに応じた保険契約をする事が重要

これさえきっちりできていれば、保険選びというのはさほど難しくはありません。確かに保険会社も増えてきていますし、その保険商品も多岐にわたり、様々な種類のプランが出てきています。
けれど自分の身の回りの状況が正確に理解できてさえいれば、その中から必要な保険・不必要な保険を分けることは難しくはないのです。
加えて今では、保険の無料相談なんかも受けられますので、これができていれば非常に効率よく保険選びができると考えられます。
賢い保険選びというのは、保険の知識を詰め込み、多くの商品についてアンテナを張っている、ということではなくて、自分で何が必要で何が必要でないかをちゃんと判断できることこそが、本当に賢い保険選びなのです。そのためには、前述した通り、自分の周りを確かめ、どんなライフステージにいるのか、これからどういったステージへと変化していくのか、というように常に「現状」と「未来」を見据えた考え方が必要不可欠なのです。
多くの方が保険選びは面倒くさい、憂鬱だ、といいますが、実はこういったことをするだけでも、保険選びはグンと楽になります。
ですので、あなたもその時期がやってきたら、保険商品を見比べる前に、一度自分の身の回りについて考えてみてくださいね!

HOME»保険の選び方 » 保険契約の状況を整理すれば保険料節約の道が見えてくる


«
«